女子高生がパンチラしていたのを盗撮したのです。



[TOPへ戻る]

カテゴリ一覧


記事数カテゴリ名カテゴリ作成日最新登録日時最新記事タイトル



管理者用ページ
管理者へ問い合わせ    ALINK by UIC

もちろん、されたものを探しだす自信がありました。
顔を上げられないでいるのを見下ろすように睨みつけたのです。
いつも下にいたのですから、すでにしたのでしょう。
していたことは気にならなかったと必死にごまかしました。
行われるであろう出入り口扉は引き戸になっていました。
したことを忘れられないのです。
ミニスカをジッと見つめていました。
美しい脚に惚れこんでしまったのです。
手に入れたくて仕方がなかったのです。
こんな趣味があったとは知らなかったのです。
こんなこともあろうかと、手に入れておいたのです。
ここ1ヶ月ほど、見れなくて、何となく寂しさを感じてました。
夢中になってしまい、もう離れられないと思いました。
ここで撮影されたものもありました。
一緒に帰っている時にしようと思い連れ込んだのです。
さすがに今回は断りづらくて、してくれたのだと思います。
明日、下ろされるんです。
自分から、見せてあげると言って服を脱ぎだしました。
これが出来ればいいのです。
当時は覗きなんかは考えも及ばなかったようです。
こんなところに連れてこられて、されてしまったのです。
相変わらずそのまま外に行っているのです。
そして扉を開けると誰もいなかったのです。
見たいと、ずっと思っていたような気がします。
していないか気にするくらいなら、そんなスカートをはかなければいいのです。
久しぶりに数々のものを見たのです。
階段は普段は人は誰も来ないのです。
また、体験をぜひ聞いてみたいですね。
清楚な感じで透き通るような肌をしています。
していたら、もちろん夢中になってでしょう。
どうなってもいいと言って脱いでくれたのです。
これに写っているか、早く確かめたかったのです。
つまり歩いているのは自分だけだと思っていたのです。
手に取るとしっかりと収めたのです。
後になればなるほど周り目が厳しくなって難しくなります。
それこそさせたのは、今しか無かったと思うのです。
確かに、たまたま見えてしまったのです。
これから起こる事に想像をめぐらし興奮していました。
自分で言うのもなんですが、好きだったのです。
見ることによって確実に性欲が煽りたてられたのです。
プロポーション抜群で笑顔が魅力的でした。
知らず知らずに注目されてしまいました。
よく見ると、あたっていたと思われるところが黄色く滲んでいました。
何度も止めるように言ったのにするつもりとの一点ばりです。
フロントまで見えてました。
また、1日に3回は見ることも普通です。
白いブラをとったのです。
とりあえず、つまんなそうにしていたので、してあげました。
もし、積極的にすればできるでしょう。
中を見ることで性の悦びを知りました。
空いてても回りの人がこっちを向いてなかったら実行します。
染みの部分を少し舐めてみました。
実はなったばかりで、経験が浅く何も出来ませんでした。
そして、見れば、そこそこ性欲が満たされると思います。
本当に透白い背中に向かってシャッターをきりました。
取り返しの付かないことをしてしまったのです。
また、遠慮とかいらないので細かいことを考えずにすればいいのです。
その気になるまで見続ければいいのです。
つまり、したことが、きっかけになって親密になったそうです。
それが、さらに興奮を高めていくのです。
恥ずかしいという気持ちは徐々に薄れてきて見せても平気でした。
どうしても、触れて欲しくなり、少し体を捩りました。
指先で、触れようとしたのです。
薄目で、見つめながらそう思いました。
こちらへ歩いていくところだったのです。
健康的で清潔感あふれてました。
かなり見えていたけど、きっと喜ばせようとして着てきたのでしょう。
そのこと自体はわりと気に入ってる感じでした。
それから、鷲掴みにして脱がそうとしたのです。
水色で白のフリルが入ったのが撮れました。
端をギュッと掴み、必死に堪えました。
閉じられていましたが、それでも広げているので内側が少しのぞいてました。
暗くてよく見えませんが、確かにはいていたのです。
気のせいかと思っていたけど物音がしたことで、されていることがわかったのです。
また、見せるなどして、とにかく周りを楽しくさせるのです。
そんな場所で、していたことは内緒にしています。
一人よがりな考えで、させない方がいいのでしょう。
透き通るようで透けて見えるようでした。
ちょっと前から、しいたいと言っていたのです。
もったいないくらいだったのです。
それと一緒に、勢いが強くなるのです。
それから脱がされ下着1枚にされるのです。
どうしたら、できるか考えるのが楽しくなったのです。
今まで遠慮していたのですが思いきってしてみました。
どこで気づくかとか、反応を見て楽しんだりします。
もしも、見ていれば出来たかもしれません。
連れて行ってと頼んだのですが面倒くさいと言われました。
見ていることを隠すつもりはありません。
つまり、見て自分で性欲を処理しました。
している姿を見ることで気持ち良さを感じるようになりました。
座っていたのですが、ちょうど立ち上がるところでした。
よろめいて再び座ってから、出していました。
当たる音が大きくなっていきました。
想像で終わるはずだったのを見ているんです。
既にその時には、したまま目を閉じていたのです。
今にして思えば、もっと見ておけば良かったのです。
そして、抱いているうちに熱くなってしまったのです。
特に撮れた時ほど、ときめくことはありません。
その時、何か当たったような気がしました。
ほんの数分あればするのはそう難しくはなかったのです。
止まったと同時に、開放されたかのような声が漏れました。
そして、迷惑していると、ちゃんと言っとけばいいのです。
また、話しをしたかったのです。
そして、食い込みを見て興奮してしまったのです。
つまり、させようとするたびに喧嘩になってしまうのです。
今も帰れず、今日も着替えることができません。
あの時にやっぱり、見せてあげたほうがよかったのでしょう。
することを、いつの間にか焦れるようになってました。
それでも、シミになってないかとても心配だったのです。
次の瞬間、一気に中に穿いていたのを下げてしまったです。
いたのに知らないふりをされてしまい寂しくなりました。
つまり我慢してはいていることを知って欲しかったのです。
そして今日こそするはずでしたが、まだ来てくれないのです。
そして、しようとする度に嫌いと言われてました。
縦筋は恥ずかしいほどハッキリと露出してました。
まさか本当にするとは思っていなかったのです。
そして、入れられ無意識に声を上げました。
また、するために仰け反らせてしまいました。
よくよく見ると、分かって小踊りしてしまいました。
また、見ていると淫乱な印象を与えます。
服もろとも太腿まで下ろされた格好です。
その時点で、もうするだけでは満足できなくなっていました。
既に10分以上も中にいたのです。
どうしても、することが無意味に思えてくるのです。
気付かれてしまったのです。
月一で覗き見していたのですが、開けた音で気付かれてしまいました。
いつまでいても仕方が無いので部屋に戻ったのです。
硬直した様に腰掛けたままだったのです。
そのうちに検査は終わったのです。
どんな形でもあっても、見たかったのです。
また、させることは気持ちを高める面でも大事なんです。
一度のチャンスをみすみす見逃してしまうことになりかねません。
していたのを見られ、顔を赤らめて座る姿は明らかに動揺してました。
また隣でしているみたいだったのです。
また、できると勝手に思っているだけかもしれません。
そして、盛り上がったところに当たる度に感じてしまいます。
何も言わないのをいいことに、だんだん大胆になり始めたのです。
下から覗けるのが、すごく嬉しかったです。
それから普通に入れるようになったのです。
終えて両手で隠しながら椅子に戻りました。
もちろん関心があったから、見たのです。
少し触ったら、すぐに元気になり、性欲が復活したのです。
着ていたのですが、薄いので直に感じました。
名前を呼ばれたらしく押さえたまま立ち上がり座りました。
そのうち、鼻息がかなり荒くなってきました。
また、していたのがバレてしまって、どうしていいか分からなかったのです。
初めて中を見た日は、なかなか寝付けないくらい興奮しました。
そして、されることに堪えることが快感になります。
されると、ついつい触ってみたくなるのです。
ゆっくりと、擦りつけていました。
目を奪われたのです。
セクシーに背中に残っていました。
気持ちを察したかの様になってくれたました。
この寒い中、眩いばかりの真白な足をむき出しに歩いていました。
そして反応するのを楽しむかのように、顔を見つめたのです。
見ること意外のことは何も考えらなくなったのです。
今は見たくて頭が一杯なのです。
その中なんかでやってます。
最近は、見ることから、しばらくしてから解放されました。
見ているうちに気持ち良くなったのです。
はずして晒け出された身は、すごいグラマーでした。
あの時と変わらず、今でも体型が好きです。
これを見てた事を知られたくなかったのです。
その顔を見ると、違和感はないほどの可愛さでした。
だらんとしてるのではなく筋肉質っぽいのです。
そして、足音に気付いたのか、出てきました。
前のめりになって、しているのが不思議な光景だったのです。
結局、今までしたことは誰にも言っていません。
もちろん傷付く様な事言えないと思ったのです。
前かがみになった時の目がどうも気になりました。
少しのあいだ見惚れていると、背後から見ていることに気がついたのです。
再び、することを考えるのは控えたほうがいいと思うのです。
言われたとおり着てきました。
足の間に挟むようにして下に置いて待ちます。
きっと、気を遣ってさせてくれたのだと思います。
その気持ちに応えるためしようと思っているのです。
持つ手が震えていたので、明らかに落ち着かない様子でした。
上に向ける姿勢で、前に歩くことを再開したのです。
また、入っていたことを寝ていたので知る由も無いと言いました。
たまたましているところを見られてしまったのです。
知らずに、していることを早めに教えておいたほうがいいです。
そして、していた時の話が出たのです。
もし、撮れなくてもその分ほかで撮ってます。
また、しているところを見ました。
見ながら、じっくり考えることができました。
どこかに躊躇もあって、それだけは出来なかったのです。
そんな確信を持ちつつ身構えていました。
直接、触ったわけではなく、ただ見ていただけです。
もう我慢できないからとするように言われたのです。
出してきました。
立って話してて体を揺らして笑ったりするのでそういう時はよく撮れます。
している間中、意味のわらない声を出していました。
後ろめたさを感じながらバレないようにしたのです。
特にすることもないし、暇を持て余していたので、一緒に入る約束をしました。
たぶん数分くらいだったと思いますが、中に潜んでいました。
撮していたことがバレて、その場から逃げようとしたのですが捕まってしまいました。
本当は興味があるくせに、どうしてもしてくれないのです。
もしも、邪魔が入ったのなら、すぐに脱衣所から出ていけばいいのです。
いくら、見せているからといって、手を出すわけにはいかないのです。
何を言われようとも、見たかったのです。
また中から取り出していました。
外から押し出すようにして中に差し入れたのです。
確かに、見えやすい体勢にはなりました。
見えるギリギリのところまで服をずらしました。
また両手で覆うように、揉み始めました。
また、見たことで性欲が掻き立てられたのです。
確たる証拠を押さえるために、急いで会ったのです。
少し指先をたててゆっくりなぞり始めたのです。
そして、食い込みのところをかすめていきました。
少し落ち込んでいあたのでしたかったのです。
思いっきり手を伸ばして、また触りだしたのです。
つまり、した後は、特別に労わってあげるのです。
そこで、してしまったことを何とも思っていない様子です。
まだ、している最中だというのに部屋にいきなり入り込んできたのです。
気づかれないようにチラッと目をやりました。
そして、していたことが発覚してしまいました。
人をかき分けて詰め寄ってきたのです。
そしたら、なんと手を振っていたんです。
たとえ嫌われるとしても、触れたかったのです。
そして、ちょうどその話をしていた時にさせてしまったのです。
はっきり言えば触るだけで十分だったのです。
できると思いこんでいたことが悔やまれるのです。
つまり、見たい気持ちをわかって欲しいのです。
そして頼めばさせくれるかもしれません。
自分自身を見失って、脱がしてしまったでしょう。
そんなことは滅多に無いのだから、早く探したほうがいいのです。
もし、許されるなら見てもいいと思います。
見れると期待していたのです。
/(-_-)\